ホーム| |会社案内| |アクセス| |お問い合わせ

トップページへ

新築住宅お引渡し後、雨漏りや住宅の傾きなどの

瑕疵(欠陥)が発見された場合、補修費用をサポートする保険。

「住宅瑕疵担保履行法」に対応しています。

せっかく建てた新築住宅に、雨漏りや住宅の傾きなど住宅の基本構造部分に瑕疵(欠陥)が発見されたら…。

 

引渡しから10年間、確実に保証を行うことができるように「住宅瑕疵担保履行法」では、

あらかじめ「保険」か「供託」によりあらかじめ資力を確保することが義務付けられています。

「まもりすまい保険」はこの住宅瑕疵担保履行法に対応した安心の保険です。

新築住宅に万が一、瑕疵(欠陥)が発見された場合、補修費用等を保険がサポートします。

新築住宅のお引渡しから10年間に、住宅品質確保法で定められた基本構造部分(構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分)に

雨漏りや住宅の傾き等の瑕疵が発見された場合、住宅事業者が負担する補修費用に対して保険金が支払われます。

住宅事業者が倒産していた場合、直接お客さまに補修費用が支払われます。住宅事業者との間でトラブルがあった場合でも、

専門の紛争処理機関が利用できます。

工事中に専門の検査員が、現場検査をするので安心!

雨漏りや住宅の傾きなどの瑕疵(欠陥)の補修費用を10年間保険がサポート。

「まもりすまい保険」では設計施工基準を定めています。保険に加入される住宅は、この基準に基づき、

工事中に専門の検査員(建築士)による現場検査が行われます。

 

 

新築住宅のお引渡しから10年間、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分に瑕疵(欠陥)が発見された場合、

住宅事業者は無料で補修します。補修費用等はまもりすまい保険がサポートしています。

 

万が一、住宅事業者が倒産した場合には、直接、保険金が支払われます。

保険の対象となる部分に瑕疵(欠陥)が生じた場合に、住宅事業者が倒産していたとしても、

住宅取得者の皆さまは住宅保証機構から直接、保険金の支払いを受けられます。

詳細は住宅保証機構の「まもりすまい保険」webサイトをご覧ください。

https://www.mamoris.jp/kasitanpo-person/